審査通貨のコツ

借入件数が多くなると審査する各金融会社の許容を超え、総合計金額に関係なく審査に落とされる可能性があります。
ですからもし、「あぶないかな?」と思われる方は、まず借入件数を減らす努力をしましょう。
数社の借入れ会社の中から、良心的、おまとめが可能な会社を選びます。
そして金融会社に借り換えをする(要は、他で借りているものをそのままお願いする会社に引き継ぐ)からと増資をお願いすることで、一社分を減らすことができます。
勿論、全部の会社がOKするとは限りませんが、私の経験からすると、金融会社は喜んでやってくれる確率のほうが多いです。
ただし、借金が無くなったところは、その時点で絶対手を出さないようにしましょう。
判っているとは思いますが、最悪な状況になります。
そして件数を減らした後に銀行系などのおまとめの低金利に乗り換えることです。
とにかく、件数が一番重要視されることを覚えておいてください。

ネット上で申し込みする際は、必要事項を確実に書き込み、年収などは、嘘の無い範囲内で、見込みということで高めに申請する。
結構見落としで、審査に通らない方がいらっしゃるそうです。
特にネット上ではお互い顔も見えませんし、金融会社からすれば「こんなこともまともにできないの?」という感じで、信用問題に関わる可能性も有ります。
年収に関しては、高いに越したことはないのは、お分かりだと思います。
戻る

Copyright(c)
2006 krn7.com